雨と珈琲

わたしの好きなもの。日々の記録。

1月読書日記

 

1.少女七竈とかわいそうな大人
少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)

 

レビューを読み漁っていたら一際目に入ってきたこの本。とんでもなく気になって、きっとわたしの好みだろうと思って、珍しく紙の書籍で購入した。

予想通り、気に入った。そばに置いておこう。

 

 

2.女子をこじらせて
女子をこじらせて (幻冬舎文庫)

女子をこじらせて (幻冬舎文庫)

 

ずっと読んでみたくて、でも手を出せていなかった雨宮さんの本。亡くなってしまって、わたしのだいすきな作家さんたちが改めて追悼していたり、話題に出していたり。これは読まなければ…と思った。

気になるモデルさんが紹介していたことも読む後押しに。

 

 

3.好きなことだけで生きる〜フランス人の後悔しない年齢の重ね方〜 
好きなことだけで生きる~フランス人の後悔しない年齢の重ね方

好きなことだけで生きる~フランス人の後悔しない年齢の重ね方

 

パリジェンヌが魅力的に映る理由が理解できた一冊。

わたしも好きなことをして、後悔せずに生きていきたい。

 

 

4.三毛猫ホームズのクリスマス

まだまだ続きます、わたしの三毛猫ホームズシリーズ。

今回は全寮制の女子校が舞台。やるせない気持ちとさみしさと、何とも言えない気持ちがあとに残る作品だった。

 

 

5.三毛猫ホームズ卒業論文
三毛猫ホームズの卒業論文 (光文社文庫)

三毛猫ホームズの卒業論文 (光文社文庫)

 

 

 

 

去年の下半期は毎月10冊を目標にしていたけれど、全然達成できずにいたので、今年の目標は「毎月5冊をコツコツ読むこと」にしました。

新しい企みも考えているので、もっともっとたくさんの本を読んで、自分の深みを増すことができる1年にします。

がんばろう!