読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日の音

コーヒーと雨の日と音楽がすき。

11月読書日記

読書日記

 今月も目標達成ならず…

 

卒論の締め切りが迫っているため、卒論のための文献ばかりになってしまった。

これを載せるのはちょっと違うなあという気待ちなので、載せません。

趣味として読んだ本のみ、載せます。

 

 

1.三毛猫ホームズの幽霊クラブ

 

三毛猫ホームズの幽霊クラブ (光文社文庫)

三毛猫ホームズの幽霊クラブ (光文社文庫)

 

最後の1ページに驚き。

 

 

2.三毛猫ホームズのクリスマス

 

短編集なので読みやすかった。

女性嫌いの片山刑事が意外な行動にでた場面にびっくり。愛憎、恋愛…むずかしいし怖い。

 

 

 

3.きみとおはなし

 

まき田作品集 きみとおはなし ~ありきたりで特別な言葉~

まき田作品集 きみとおはなし ~ありきたりで特別な言葉~

 

 大好きなまき田さんの作品集。

いつもツイッターでいいねを押しまくっている物語たちがまとまっていて、ほっこりしあわせな気分に。

 

 

4.誰にも言えない恋ばっか

 

誰にも言えない恋ばっか

誰にも言えない恋ばっか

 

本棚を整理していた時にふと目について、もう一度読もうかなと手に取った本。

なんだか遠いようで近い、近いようで遠い、誰にでもすこしは存在しているエゴや(暗い)気持ちをクローズアップして書かれていて、ああこれはわたしのことだとピンとくるまではいかなくとも、この気持ちに憶えがあるな…と胸のどこかをぐさりと刺されるようだった。



11月は、ぐんと冊数が減ってしまった。

量をこなすことが全てではないけれど、自分の表現力のため、知識のため、12月も読み進めます。