読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日の音

コーヒーと雨の日と音楽がすき。

記憶とメモの話

何かに記しておくことで記憶になる

わたしは何かをふと思いついた時は、積極的にメモを取っている。

あとででもいいやと思ったことは、その「あとで」の時にはもう忘れていることが多いからだ。思いついたアイデアには鮮度があるし、賞味期限もある。

忘れてしまったものはもう、取り返すことはできない。

 

わたしが毎日つけている日記も、記憶の塗り重ねであって、どれほど嬉しかったこともあっという間に薄まってしまう。

書いた文字を見て、そういえば嬉しかったな‥という風にしか思い出せない。悲しいけれど。

 

人間の記憶なんて結局のところその程度のもので、

もし何にも記さずとも濃い記憶として鮮明に思い出せることがあるならば、それこそが自分の中で1番の思い出だと言えるのでしょう。

その思い出で記憶が埋め尽くされたら幸せだけれど、やっぱりそうもいかない。

だからこそわたしは、嬉しい思い出や忘れたくないことは文字に記していこうと思う。