雨と珈琲

わたしの好きなもの。日々の記録。

感情の波

女の人あるあるな話だと思うけれど、今日は感情の波の話を。 ホルモンの関係上、女性は1ヶ月に4種類の性格がある、といわれている。どうしようもなく泣きそうになったり、イライラしたり、何をされても怒らない寛容な人に変身したり。 今のわたしは、絶賛イ…

一期一会を改めて感じた日

つい先日、とっても素敵な人にお別れを言いに行った。お世話になっていたサロンの方だ。12月いっぱいで辞めることになったという連絡をいただいたので、どうにか予定を合わせて会いに行った。 話をしているだけでとても落ち着いて、「癒しの雰囲気を纏ってい…

11月読書日記

今月も目標達成ならず… 卒論の締め切りが迫っているため、卒論のための文献ばかりになってしまった。 これを載せるのはちょっと違うなあという気待ちなので、載せません。 趣味として読んだ本のみ、載せます。 1.三毛猫ホームズの幽霊クラブ 三毛猫ホームズ…

大掃除をしたら、精神衛生がとっても良くなった話

昨日、ちょっと早めの大掃除をした。 なぜこんな時期に?というと、来週人を呼ぶ予定があるのと、新しい家電がくるので、整理しなくてはならなくなったから。 (やらなきゃやらなきゃ…と思いながらずっと後回しにしていたので、ようやく手をつけられてよかっ…

残すところ1ヶ月となりました

あっという間に11月末。 決意を新たにはじめた2016年も、もう残すところあと1ヶ月になってしまった。 年始に誓った約束は何個叶えられただろう。そもそも、何を誓っただろう。それさえも思い出せないくらい、まるで第三者の人生を傍観してるかのように、わた…

量より質

この間、中高の友人に誘われて久しぶりにカラオケに行った。 カラオケなんて各々が歌いたい曲を歌っているだけだし、内容の濃い話をするわけでもないけれど、たったの数時間いっしょに過ごしただけで、中高時代の青春がフラッシュバックしてきた。 もう戻れ…

ゆとりを責める大人たち

これだからゆとりは…と一括りにして責めてる大人こそ、常識や最低限のマナーが欠落していると思う。 その人たちはどうしたって、何かしらの理由をつけて誰かを責めたいのだ。その行為に自分の存在意義を見出しているのだろう。 すべてを誰かのせいにして生き…

書くこと、記憶の容量

今日、高校生から大学1年生にかけてひっそりとやっていたブログを発掘した。 ほんとうに「発掘」という言葉がぴったりなくらい、わたしの記憶から忘れ去られていたし、書いた内容も自分が経験したとは思えないくらい、記憶の引き出しの奥の方にきっちりしま…

理想と後悔

入ってるサークルがゆえ、割と普段から音に触れる機会は多いのですが、今日は一段と音楽と時間を共にする日でした。 音にひたひたと浸って、嬉しさと悔しさがじわり。 音に触れるのは、時間も気持ちもゆったりどっしりと構えられるようになるので好きです。 …

10月読書日記

読書日記、はじめました。 備忘録のためと目標の20冊を達成するために、記録します。 1.三毛猫ホームズの失楽園 先の展開が途中でわかってしまう作品かなあと。登場人物の関係性は複雑だけどそこまで読みづらくはなかった気がします。 三毛猫ホームズの失楽…

違う景色に出会う

怒涛の1週間が終わり、ゆっくり時間を使えるしあわせをひしひしと感じている、いま。 朝起きてせかせかと用意をしなくてよいだけで、こんなに気持ちにも余裕ができるとは! なので今日は自分のためにゆっくり時間を使うことに。 わたしはなるべく、違う景色…

寝溜め ではなく 休み溜め

寝溜め、というのはよく使われる言葉だけれど、わたしは「休み溜め」もあると思っている。 明日から1週間、休むことなく動かなければならない予定なので、今日はとことん休み溜め。 ベッドと大親友のいちにち。大満足! 次に自分のベッドに帰れるのは土曜日…

景色の顔

1つの場所でも 季節によって、行事によって、もつ雰囲気も表情も変わってくる。 視覚から、嗅覚から、すべてを取り零さないように この一瞬はもう二度とわたしの前には現れてくれないから 大切に、大事に生きよう

比べることのプラスマイナス

比べることは、ある種、じぶんのいる立ち位置を客観視できるよい機会だとおもっている。 よくも悪くも、比較すると自分にしかない部分がみえてくるし、比べることで潜在的マウンティングは行われてしまうんだろうけど、それってやっぱり自分を守るためには必…

電子書籍と紙の本

Kindleのすごいところ Kindleを買った途端、本を買う頻度が尋常じゃなく上がった。 文庫を買うという行為が、インターネット上でワンクリックするよりもすごく行動力がいることのように思えていたのだなあと。 サクッと読めてしまうから、以前よりも読むスピ…

マイポリシー、マイブーム

お題「マイブーム」 はじめてのお題ブログです マイブーム、その年その時期によってコロコロと変わってしまいますが、最近安定してずっとハマっていることと言えば、読書かなあ。 去年kindleをゲットしたので、もっぱらそれを片手にスキマ時間は小説を読んで…

カラダにいいこと

ようやく行けました 関西には1店舗もないので、ホームページをみては妄想を膨らませていたお店、SkyHighJuiceにやっと行くことができました。 渋谷のカフェから歩くこと約30分。 妄想していたよりもこじんまりと小さいお店だったので、一瞬通り過ぎかけると…

長く居ても心苦しくない場所

食べログ日記第一弾 内定先のインターンで東京に来ております。 土曜は会社関連での用事があったのですが、今日はいちにちフリー! という訳で、最近あまり過ごせてなかったひとり時間を有効活用するため、食べログで東京に用事があれば行ってみたい!とチェ…

喉から手が出るほど欲しいもの

欲しいものはなに? と聞かれて、すぐに答えられなかった。 日頃いろんな情報に触れてる間は、あれが欲しいこれが欲しいと次々に湧いてくるのにも関わらず、いざ言われてみると「あれ?わたし一体なにが欲しかったんだっけ?」となってしまう。 ということは…

記憶とメモの話

何かに記しておくことで記憶になる わたしは何かをふと思いついた時は、積極的にメモを取っている。 あとででもいいやと思ったことは、その「あとで」の時にはもう忘れていることが多いからだ。思いついたアイデアには鮮度があるし、賞味期限もある。 忘れて…

決まりごと

決めないとわたしはダメになってしまう わたしは基本的に、面倒くさがりだ。 やらなくていいことは極力やりたくないし、面倒なことには出来れば関わりたくない。 だから、やるべきことを決めなくては、ぐうたらとダメダメになってしまいそうなのだ。 ここで…

決まった道が見えてきた時

見えないものが見えた 進むべき道が見えてきたとき、やっと本当に自分がしたいことが見えてくるのだということを最近知った。 就職活動を終えたことでようやく、自分が何が好きで何が苦手で、何を軸に生きていきたいかということが見えてきた気がする。 色ん…

好きなものを好きと言える覚悟を

そもそもの話 最近の若者は(わたしも含めて)「好き」を堂々と言う力に欠けていると思う。 人と違うというのは決して悪いことではないのに、違いを個性としてみない風潮…これは、若者というよりも日本の風潮なのかもしれないですね。 選択するということ 20…

わたし とは。

はじめまして。 さっくりと自己紹介。 アメリ と申します。関西の女子大生です。 書くことが好きで、女性向けのサイトにてライターとしても活動しています。 将来の明確なゴールはまだないけれど、女の子がキラキラ輝けるための場所を作りたいと思っています…